【実体験】負けを振り返る!勝つための3つの対策!

【実体験】負けを振り返る!勝つための3つの対策!
この記事のまとめ
  • ・購入ミス、取引時間や通貨ぺアの選択による負けが多かった事
  • ・自分分析をし、勝っている時間や通貨ぺアを見つける事
  • ・勝率を上げるには負ける理由を潰す事が一番

やほ!いなちゃんです。

バイナリーオプション歴5年のアタシでも負ける事があって取引を見返してみるとね「サインの見落とし」や「為替相場が動きにくい時間帯や変動しやすい時間帯に取引」「同じ通貨ペアで負けてた」事が原因って分かったの。

だけどこれってバイナリーオプション初心者やこれから取引をする人も犯してしまうよくあるミスだと思うの。

だから今回実体験を元に失敗しないために今アタシがやってる対策を紹介するわね。

1. 自分自身どんなミスがあるか振り返ってみた

アタシがよくするミスは

・複数インジケーターを使ってる際のサイン見落とし
・相場が動かない時間、動きすぎる時間に取引をする事
・自分が負けやすい通貨ペアで取引してたこと

の3つね。

簡単に言えば、インジケーターを沢山使ってる時に、どれか一つがサインを出してなくてダマシに遭ってしまったり、相場の動かない「魔の14時」や、21時のようなシグナルが通用しない時間帯に取引をしてしまって負けたって事ね。

それだけじゃなく、負けやすい通貨ぺアが「GBP/JPY」って知らずに取引してたことも負ける原因だったの。

とは言えこれだけじゃ伝わりにくいから、実際にアタシがHighLow.com(ハイローオーストラリア)で取引をした内容や普段使ってる分析方法を交えながらどんな失敗をやらかしてしまったのかを、実体験を元に説明してくわね。

イナリ乙女
イナリ乙女
次の項目からミスの詳細を詳しく解説していくわね!

2. 実体験をもとにアタシのミスをまとめてみた

まずアタシの手法って基本的にはMACDとRSI、モメンタムを使った5分取引で3つのサインが揃ったらエントリーするってやり方なの。

イナリ乙女の手法

こんな感じで「MACD」のヒストグラム(灰色の線)とシグナル(赤色の線)が離れた時にRSI(青色の線)とモメンタム(緑色の線)が同じ方向に進んでいたら購入するの。

この場合は下を向いてるから「LOW」でエントリーしたらOK。

イナリ乙女の手法で勝利

こんな感じでバシッと勝てる。でもね、MACDの線が離れる事ってそう頻繁に来るものじゃないじゃない?

だから離れた時についつい乗り遅れて焦ってエントリーしちゃうことがあるの。例えばこれね。

手法ミス

MACDは離れてるんだけど、RSIとモメンタムが平行線に進んでいるよね。

でもこの時焦ってアタシはMACDだけに集中してしまっていたから他のサインを見落としてしまっていた。

手法ミス

複数のインジケーターを使うが故にサインの見落としが出てしまったわね。

イナリ乙女
イナリ乙女
実際に取引してるときはアタシ気付かなかったり、見落としたりするから本当にここは注意ね…。

だからアタシの様に失敗したくない場合はインジケーターをちゃんと見る。正直それしかない。

インジケーターのサインが出ると乗り遅れない様にって考えてすぐ取引したくなるけど、一旦冷静になって他のサインが出ているか確認しようね。

MACDが離れたけどRSIがカクってなってなかったり、同じ方向に進んでいない時とか本当あるから。

勝つ事よりも負けない事が大事だから、インジケーターをしっかりみて購入タイミングを間違えない様にしよう。

正しい見方

こんな風にMACDのヒストグラム(灰色の線)からシグナル(赤色の線)が離れた時、RSIも同じ方向に進んでいるか確認する事、そしてモメンタムもちゃんと確認する事。

初歩的な事だけど、実際の取引の時にはつい忘れて見落としがちだから気を付ける事ね。

取引に慣れてくるとどうしても取引回数を重ねたくなるよね。アタシもそうだもん。

取引したい病を一回クっと堪えて、確実なサインをまとう!

イナリ乙女
イナリ乙女
我慢は大事。焦りこそ最大の敵ね…。

次は取引する時間帯による失敗ね。みんなも取引する時間って意識してるかな?

時間帯別勝率

これはアタシの7~8月の時間帯別勝率ね。恥ずかしながらそんなに勝って無いんだけど、13時~15時、18時、21時の勝率が悪い。

そこで振り返ってみたんだけど、14時台にインジケーターでサインが出たからHighLow.com(ハイローオーストラリア)で取引をしてみたんだけどサイン通りに動かなかったんだよね。この画像見て。

14時台の負け

予想方向に対してあまり動かずに、最後は下がって負けてるよね。

毎回こんな感じだから、何でだろって過去のチャートを見てみたわけよ。

14時-15時のチャート 14時-15時のチャート

例として2日分のチャート出したけど、どっちも14時~15時の為替の動きが悪い。

それで調べてみたら、FX界隈では有名な話で、14時台は値動きが少ないから取引をしない方が良いって。

「魔の14時」って言われてるみたいなのよ。だからサイン通り動かない事が多くてアタシは負けてる事が多かったのね…。

イナリ乙女
イナリ乙女
14時台は勝てないと思ってたけど「魔の14時台」とはw覚えておこう!
やましゅん
やましゅん
僕も14時台に勝てない事が多いので魔の14時台は避けて取引をしてますね。
14時-15時のチャート 14時-15時のチャート

そしてこっちが21時台ね。14時台と違って今度は変動がめちゃくちゃ大きいのが分かるよね。

この時間は経済指標の発表などがあるから為替が不規則に動きインジケーター通りに動かないの。だから指標発表前後1時間は取引をしない方がいいわ。

アタシはこの時に取引をしていたから負けてしまってたのよね。分析しても全然予想通りに進まないし…。画像見てもMACDのサインが出る前に上昇してるしね。

イナリ乙女
イナリ乙女
経済指標の発表時はイレギュラーな動きをして分析が役に立たない事が多いから経済指標の発表スケジュールを確認してその時間を避けて取引するのが大事ね。
肉食系バイナリー女子
肉食系女子
経済指標発表時に間違えて取引をしちゃうってよくあるミスだよね。取引に集中していると今が何時なのか忘れる事ある!

そして「魔の14時」に関連して、18時台も実は隠れた魔の時間帯。

どうしてかというと殺人通貨と呼ばれるGBPが動きだす時間帯なんだよね。17時にロンドン市場がオープンするから取引量が多くなって活発に動くけど、あたしは負けるイメージしかない。

実際勝率33%ってなってるし…。例えばねこれ見て。

GBP/JPYのチャート

MACDが離れてモメンタムが下がりかけ、RSIはやや下方向って感じだったんだけど、実際にHighLow.com(ハイローオーストラリア)で取引をした結果がこれね。

GBP/JPYで負ける

結果上昇して負けた。18時台のGBP/JPYはサイン通り動いてくれない事が多い。

まぁその原因は21時台で説明した時と一緒で17時30分~19時の間に経済指標の発表があるからなんだよね。

そのほかEURとUSDが動きだす時間帯だしとくに18時~20時の間は活発に相場が動く半面だましシグナルに遭遇する率が高くなるのよね。

だからこう言う事が頻繁に起きるのよ。いつもと同じやり方なのにね。

イナリ乙女
イナリ乙女
手法を変えずに負けが増えると、自分に自信も持てなくなるし悪循環になるよね。

それでGBP/JPY勝てないなって思ったの。それで今までの取引してる銘柄の勝率を出してみたんだけど悲惨だった。

直近の通貨ペア別勝率

これは直近の取引の通貨ぺア別勝率ね!

取引してる時は全然気づかなかったんだけど、こうして振り返って表にしてみるとこんなにも差がある事が分かった。

調べてみると通貨の取引量っていうのが勝ちやすさと関係しているそうなのよ。

ざっくりいうと、取引量が多い「USD・EUR・JPY」はテクニカル分析に忠実に従うから勝ちやすいって事。実際アタシが勝ててるペアは取引量多めだもんね。

こんな感じで自分が何で負けているのかに気付く事が出来ればまず負ける回数を減らす事が出来るわ。

こうした点を踏まえてアタシが今やってる対策方法を書いていくわね。

3. 失敗から学ぶ!実施中の対策法

それでね次からこの失敗を繰り返さないようにどうしたらいいのか考えて最近してる事があるの。

・インジケーターのサインの見落としを無くす
・為替相場が動きにくい時間帯や変動しやすい時間帯に取引をしない
・負ける通貨ペアで取引をしない

この3つ!負けから学んだ事ね。

サインの見落としに関しては、インジケーターを多く出せば出すほどよくしてしまうミスなので、とくに意識していこう!

イナリ乙女の手法

こんな感じでMACDのヒストグラムが離れた時にRSI、モメンタムが下向きの時のみ取引をするの。

焦ったりすると、RSIとモメンタムを忘れがちになるから本当注意!

イナリ乙女
イナリ乙女
また、取引時間は14時・18時・21時を避ける様に意識する。

時間帯によってテクニカル分析が通用しなくなるし自分が負けてる時間をさける様にしたわ。

イナリ乙女
イナリ乙女
逆に9時・19時・22時はテクニカル分析通りに為替が進むことが多いから勝てているわね。

勝てている時間、負けている時間は人それぞれ違うと思うんだけど、アタシは今回の様に勝てる時間のみに絞って取引するようになってから大分負けを減らす事が出来たわよ!

勿論通貨ペアも同じ。予想通りに動かない「GBP/JPY」を取引の対象にしない事で負け回数を減らしたわ。

そして取引量の多い「USD・EUR・JPY」で取引する事で分析通りに動きやすくなって勝てるようになった!

アタシみたいに一回全部の通貨ペアの勝率洗い出してみて、自分の得意な通貨ペアを見つけると良いわよ!

イナリ乙女
イナリ乙女
多分みんなも「USD」が絡んだ銘柄が多いんじゃないかな?
やましゅん
やましゅん
僕もUSD多いですね!あとAUD/JPYはサイン通りに動く事が多いので、他の通貨ペアで取れない時はAUD/JPYでやってます!
肉食系バイナリー女子
肉食系女子
やましゅんは同時に色々な銘柄を見てるよね!私の場合は同時に複数銘柄を見ると判断ミスをしてしまう事が多いなって気づいたから、USD/JPYに集中して取引してるよ。

4、まとめ

今回はアタシの実体験をもとにバイナリーオプション初心者、そしてこれから取引をする人に向けてよくあるミスと、その対策について書いてみたわ。

自分の取引履歴を見返してみると、「どうしてこんなミスをしたのかな?」って言う気付きもあるしグラフに出してみる事で細かい分析も出来るしおすすめだね。

勝率を上げる事に意識する事が多かったんだけど、自分の負け理由を対策する事で相対的に勝率を上げる事も出来るっての知ってから随分変わったわよ~!

だから勝てない時は色んな手法を勉強するよりも、自分の取引を振り返ってみて!絶対弱点を見つける事が出来るから。

それじゃアタシは引き続き負けから学んだ勝つための3つの対策を意識して引き続き頑張るわ!またねっ!

他の崖トレメンバーの負け取引から学んだ事

他の崖トレメンバーも負け取引から学んだ事を記事でまとめてみました。

やましゅんは負け取引を振り返って判断ミスや自分のルールを破って新しい手法を試した事で失敗した実例を記事にまとめてくれました。

やましゅんの記事も勝てないなって思った時は参考になる記事ですし、併せてご覧ください。

そして判断ミスに加えてメンタルの弱さで暴走してしまう肉食系バイナリー女子のあやも失敗から学んだ事を記事にまとめてます。

暴走癖があるため負け取引が続くと取り返そうと必死になる事で損失を増やすいい例として参考になると思いますのでこちらも併せてご覧になってください。

HighLow.com(ハイローオーストラリア)
ハイローオーストラリア ハイローオーストラリア チャート

最大ペイアウト2.3倍でとにかく稼げる業者!無料で取引練習が出るし、出金手数料無料+申請翌日に出金完了!こんなに対応がいい業者はない!!今なら最短5分の無料口座開設で5,000円のキャッシュバックが今日貰える!

\ 今なら新規口座開設するだけで5,000円キャッシュバック /

この記事を書いた人
  • イナリ乙女

    企画/制作/検証イナリ乙女

    トレーダー歴4年。どっちかってと逆張り乙女。最近はじゃがりこにハマってる。2020年の目標は「相場にビビらない事」よろしく!